体の中の異常。その検査と治療方法について

内臓の異変

脳外科で脳動脈瘤の治療をしてもらうならこちらの病院に相談しましょう。他の病院では治療困難な病気でも治るかもしれませんよ。

ヘリコバクター・ピロリ

胃のヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)感染の有無を調べるには、内視鏡検査、呼気検査、抗体検査、抗原検査などがあります。 このうち保険が適用されるのは内視鏡検査のみですので、まずはこの検査法を選択するのがいいと思います。 ここで感染が見つかれば除菌治療となり、胃炎を伴うならこれも保険が受けられるようになりました。 ピロリ菌は抵抗力の弱い5歳ころまでに感染すると言われており、多くはその頃に不衛生な水を飲むことなどで感染したと考えられています。 ですから我が国においては、年代が下がるにつれ感染者は少なくなっていきます。 近年ではこの胃のピロリ菌感染と様々な胃の病には関連があることが指摘されています。 胃を患った方と胃に問題がない方を比較すると、胃の病気の患者さんのほうがピロリ菌感染者の割合が高いことが分かってきたのです。

ストレス性胃腸炎とピロリ菌

ストレス性胃腸炎、別名神経性胃腸炎と呼ばれる病があります。 検査をしても胃の粘膜に特に異常は見られないにもかかわらず、胃のもたれや早すぎる満腹感、胃の痛みなどに定期的におそわれます。 そのため、以前はその名の通りストレスが原因であると考えられてきました。 しかし最近の調査により、ストレス性胃腸炎にストレスは無関係ではないものの、やはりこの病にもピロリ菌感染者が多いことが分かってきました。 また、一見異常がないように見えましたが、ストレス性胃腸炎は実は胃の機能異常を起こしていたことも解明されてきました。 そのため現在では、ストレス性胃腸炎ではなく機能性ディスペプシアと呼ばれることのほうが多くなっています。 治療法も薬物療法がありますので、心当たりのある方はぜひ一度調べてもらうといいかもしれません。

PICK UP

  • 能の血管の異常

    能動静脈奇形は生まれつきの病気です。しかし、殆どの場合は手術で何も飲んだいなく完治することが可能なので、早めの手術を試みましょう。能動静脈奇形についての基本的な事柄について

  • 癌の一種、乳がん

    乳がんは、男性でも女性でも等しくリスクが有る癌です。しかし、比較的回復が早いため、早期発見によってはすぐに退院も可能ながんでも有ります。現在の乳がん治療について