体の中の異常。その検査と治療方法について

ストレス性の胃腸炎

さまざまな症状が出るストレス性胃腸炎

毎日おいしく食べ物が摂れるということはとてもすばらしいことです。多くの人が当たり前のように思っていることかもしれません。しかし病気やストレスなどで胃腸の調子が悪くなってしまうこともあります。風など短期的なものから慢性的に胃腸の調子が悪くなってしまうこともあります。急性の多くはウィルスによる感染ですので病院で治療できたり安静にしていれば良くなります。しかし慢性的なものやストレス性胃腸炎は難しいものがあります。しかし治療も進歩していますから、持病だとあきらめずに病院で治療することをおすすめします。 ストレス性胃腸炎の症状はさまざまです。胃潰瘍のようは激しい症状から検査をしてもどこかに異常がないこともあります。

対処療法ではなく根本的に改善を

ストレス性胃腸炎の多くは、対処療法が多いです。胃潰瘍の場合は痛みや潰瘍を改善したり、食欲がない人は消化剤や胃の動きを良くする薬があります。下痢などの腸の調子も同様です。症状を改善することだけでなくストレス性胃腸炎の原因をつきとめる必要があります。 ストレス性胃腸炎はストレスが原因です。カウンセリングなどでストレスを改善したり、自律訓練法などのリラックス法も有効です。心療内科が専門的に扱っていますから受診することをおすすめします。 またストレス性胃腸炎に効果を発揮する漢方薬もおすすめです。漢方薬はストレスを軽減したり、ストレスから来る不快な症状を改善することが得意です。 ストレス性胃腸炎はくり返すことが多いので、心療内科や漢方薬で根本的に改善してみましょう。